アイコン 福岡商店の御曹司「福岡資麿氏」・参院選出馬表明

今夏行われる参院選挙の佐賀選挙区に自民党の前衆議院議員福岡資麿氏が立候補することを明らかにした。21日佐賀市で記者会見した福岡氏は「財源に裏打ちがないような今の政権の政策には強い危機感を持っている。党の存亡をかけて何としても負けられない戦いで、私が先頭に立って汗をかきたい」と述べ、参院選挙の佐賀選挙区に自民党から立候補することを明らかにした。

福岡氏は佐賀市出身の36歳。慶大卒・三菱地所の社員を経て、平成17年衆院選挙の佐賀1区で当選、昨夏の衆院選では原口氏に惨敗した。参院選佐賀選挙区では、ほかに民主党と共産党、それに諸派あわせて3人が立候補を表明している。
福岡氏の参院選出馬は、ライバルの原口氏が大臣まで登りつめたことから、次期衆院選で勝つ可能性が非常に低くなり、改選時期になる岩永参議(67歳・・自民の定年は70歳)が立候補を取りやめたため、参院選での出馬を表明したものである。
福岡氏の祖父は、元参議の福岡日出麿氏(福岡商店創業者)。父の福岡福麿氏は佐賀銀行の監査役を務めている。福岡商店は、子会社群を抱え、生コンを柱に建材・酒類販売など多岐にわたりその中核企業。佐賀銀行の大株主でもある。
 まだ若いのにおじん臭い参院選に立候補するとは。浪人では政治は動かせぬか?・・・・
 

[ 2010年2月22日 ]
モバイル
モバイル向けURL http://n-seikei.jp/mobile/
この記事を見た人は以下も見ています(参院選2010、)
スポンサードリンク