アイコン ITケミカル(株)/弁護士一任  タイムケミカルに連鎖

薬品販売のITケミカル(株)(東京都千代田区神田東紺屋町28、代表:時田祐司)は10月18日、事後処理を奥村毅弁護士(電話03-3572-5050)ほかに一任して事業を停止した。
負債額は約3億5000万円。㈱タイムケミカルに連鎖したもの。

タイムケミカルは、計画的に民事再生により再建の道を選んだが、同社はタイムケミカルに1億4,000万円も焦げ付くという不意打ちをくらい破綻した。両社で事前に話し合われていればよいが。
不況の折、こうした連鎖倒産を生んでしまう。そうしたことから可能な限り、取引先に迷惑をかけないような潰し方をする必要があり、金融機関などに対して大きく焦げ付いてもらい、取引先への負債は最小限にすべきである。
 

[ 2011年10月19日 ]
モバイル
モバイル向けURL http://n-seikei.jp/mobile/
スポンサードリンク

※Google・Yahoo japan!・Twitter・ライブドア・はてな・OpenID でログインできます。

コメントする

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
九州倒産情報
日本一たい焼き
サイト内検索