アイコン 読者モデル勧誘に注意を 詐欺まがい行為で(株)DMPを業務停止命令

東京都は、渋谷の繁華街で若い女性に声をかけ「モデルの仕事はたくさんあるのですぐに稼げる」などと嘘の説明をして、約10万円の登録料を取っていたとして、渋谷区の(株)DMPに対し6ケ月間の業務停止命令を出した。
下記の東京都の処分内容のとおり。

<平成27年3月19日:東京都生活文化局>
 東京都は19日、街頭で「読者モデルを探しています。」と声を掛けた消費者に、約10万円の登録費用が掛かることを告げないまま事務所に呼び出し、「仕事は沢山あるから、すぐに10万円は稼げるよ。」などと消費者に告げて、強引な勧誘により芸能事務所の登録契約をさせていた業務提供誘引販売取引事業者に対し、特定商取引に関する法律(以下「特定商取引法」という。)第57条に基づき、業務の一部停止(6か月)を命じました。
 当該事業者は、インターネット上の書き込みにより事業者名や悪い評判が知れわたるのを防ぐため、屋号を短期間で次々と変更していました。
1 事業者の概要
 事業者名 株式会社 DMP
 代表者名 代表取締役 古井 勇樹
 本店住所 東京都渋谷区宇田川町36-6地下2階
 屋 号 「PHORIA」「Axis」「ELF」「ENAMEL」「BLUE」「Beer」 など
 設 立 平成24年7月2日
 資本金 500万円
 業務内容 タレント、モデルのマネジメント及びプロモーション
 従業員数 20名

2 勧誘行為等の特徴
渋谷の街頭で、「読者モデルを探しています。」などと消費者に告げ、その場でスナップ写真を撮影する。後日、「一次審査に合格した。今後の選考についての話がある。」と、登録契約について消費者に何も知らせないまま、事務所に呼び出す。
事務所を訪れた消費者に、二次審査の撮影のためにエステに行くよう指示する。エステ施術後に消費者が事務所を再訪すると、「事務所に入るには10万円が必要。」と突然告げ、「専属のマネージャーが付く。」、「仕事は沢山あるから、すぐに10万円は稼げる。」などと事務所登録契約を勧誘する。
契約を断っている消費者に対し、「今決めないと損だからこの場で決めて欲しい。」などと、強引に契約を迫る。

3 業務の一部停止命令の内容
 平成27年3月20日(命令の日の翌日)から平成27年9月19日までの間(6か月)、特定商取引法第51条第1項に規定する業務提供誘引販売取引に係る次の行為を停止すること。
契約の締結について勧誘すること。
契約の申込みを受けること。
契約を締結すること。

以上、
この詐欺会社は、被害女性に対して、別の名称の会社名の名刺を渡し、その名刺の会社名は何社にもおよび、自社が追及されたとしても言い逃れできるようにしていた。
ほとんどの被害者が、お金を払った後、一度もモデルの仕事をもらえるどころか、連絡もなかったという。
こうした被害は、多くの詐欺会社が行っており多発しているという。

 

[ 2015年3月20日 ]
スポンサード リンク

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 
JCNET注目記事!
「医療法人社団菫会」前田章理事長と黒い巨頭(06/08 11:36) 2015:06:08:11:36:29
PR いま建設業界の求人が急増中、当サイトおすすめの「建設・建築求人ナビ」 が便利です。


PICK UP

↑トップへ