アイコン ネット接続会社「大任(だいにん)」(豊島区)中国籍代表を逮捕/警視庁

警視庁は4日、ネット接続会社「大任(だいにん)」(豊島区)社長の任雄容疑者(42)=千代田区神田淡路町2丁目=ら中国籍の男3人を著作権法違反(複製など)の疑いで逮捕し、4日発表した。

東京都内のインターネット接続会社のサービスを通じて、動画投稿サイト利用者の個人情報を抜き取るといったサイバー攻撃が行われていた。このサービスは匿名で利用できることから、警視庁は「犯罪の温床になっている」とみて調べている。

 サイバー犯罪対策課によると、任容疑者らの逮捕容疑は、昨年10月に中国のサイトから米マイクロソフトの基本ソフト「Windows7」の海賊版をダウンロードし、経営するネットカフェで4月に客に使わせたというもの。

<有限会社大任>
大任国際インターネットカフェー:(東京都豊島区西池袋1-43-7 福住ビル
大任千葉営業所:千葉市中央区中央3-5-7千葉ハイツ1階. □
中国オフィス:福建省福州市鼓楼区軟件...

 

[ 2015年6月 4日 ]
スポンサード リンク

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 
JCNET注目記事!
市立大村市民病院改築工事の出来レース(06/23 08:25) 2015:06:23:08:25:01
PR いま建設業界の求人が急増中、当サイトおすすめのワークポートが便利です。


PICK UP

↑トップへ