アイコン アメリカ人もびっくり 100万ドル札を150万円で売却 当然、詐欺で逮捕/名古屋

スポンサード リンク

名古屋市の北署は29日、実在しない偽の100万ドル札の購入を持ち掛けて金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで、名古屋市南区忠次1、会社役員伊与田友道(53)、同市千種区城木町1、会社役員花井博文(62)の両容疑者を逮捕した。
 逮捕容疑では2010年4月上旬ごろ、2人は共謀し、同市北区の無職女性(76)に対し
「日 本政府が、ミサイルの軍事技術を提供した見返りに米国からドル約44兆円分が入る。1口150万円で100万ドル札1枚を買えば、1年以内に4500万円 が支払われる」などと嘘を言い、同4月17日と6月10日に市内のホテルで5枚分の代金として計750万円をだまし取ったとされる。
 署によると、紙幣は1ドル札に似たデザインで「1000000」と印字されており、製造や入手の方法を調べている。
被害女性は逮捕容疑のほかに2011年8~10月にも数百万円をだまし取られた。2人は「本当の話をしただけ。お金は必ず支払われる」と容疑を否認している。

スポンサード リンク

同署は「日本円で約1億円の価値があり、絶対に存在しない紙幣。同じ被害に遭った人がいれば、名乗り出てほしい」と話している。
以上、

騙される方も騙される方、2010年にこうした被害(買戻しは1年後であり、被害意識もなかっただろう)にあい、2011年にも被害にあっているといい、詐欺師たちの顧客リストに掲載されているのだろう。よほど金持ちなのだろうか。
詐欺師たちの容疑否認理由がまた滑稽だ。

[ 2015年9月30日 ]
 

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 
JCNET注目記事!
PR いま建設業界の求人が急増中、当サイトおすすめのワークポートが便利です。


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ