アイコン 東大阪市の営繕室長を収賄容疑で逮捕 (株)キーマン片山社長から200万円 耐震化工事

スポンサード リンク

大阪府警は3日、東大阪市が発注した小中学校の耐震補強工事などで便宜を図った見返りに、建設会社から現金200万円を受け取ったとして、東大阪市の建設局の幹部が収賄の疑いで逮捕した。

収賄の疑いで逮捕されたのは、東大阪市建設局の政策推進担当官で、建築営繕室長を兼務する福田逸亮容疑者(57)。また、東大阪市の建設会社「キーマン」の社長、片山実容疑者(48)が贈賄の疑いで逮捕されている。

スポンサード リンク

警察によると、福田室長は、昨年3月から4月にかけて、東大阪市が発注した小中学校の耐震補強工事などで、片山社長の会社が下請けに入れるよう便宜を図った見返りに、現金200万円を受け取った疑いがもたれている。
福田室長は、工事をどのような工法で行うか決める際、片山社長の会社だけが登録されている工法で行うよう、部下に指示していたという。
(キーマンはハイパー耐震工法という中高層耐震建築機構が有する工法を使用している。契約建築会社は地域ごとに割り振られているものと見られる)

この会社の東大阪市からの工事の受注額は、平成24年度は約1400万円だったが、平成26年度は約9億円と大幅に増えていたということで、警察が、受注の実態について調べている。
警察は、2人が容疑を認めているかどうか明らかにしていない。

 

スクロール→
 (株)キーマンの財務内容と業績 平成27年2月期/千円
流動資産
1,136,798
流動負債
636,569
 
 
固定負債
145,359
固定資産
133,899
自己資本
488,769
 
 
(資本金)
30,000
総資産
1,270,697
負債+資本
1,270,697
売上高
粗利益
経常利益
自己資本
2,547,531
711,182
356,125
38.4%
・所在地:大阪府東大阪市荒本新町6-6、代表:片山実


 

[ 2015年11月 4日 ]
 

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 
JCNET注目記事!
PR いま建設業界の求人が急増中、当サイトおすすめのワークポートが便利です。


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ