アイコン 山岡永知日大名誉教授が山口組元幹部とお付き合いがあった

スポンサード リンク

日大が10日、指定暴力団山口組元幹部から2千万円を借りたのは、山岡永知名誉教授(77)だと明らかにした。

山岡永知名誉教授は日本の公法学者、専攻は英米法、国際取引法。
東京生まれ
日本大学大学院法学研究科修士課程修了、
ジョージ・ワシントン大学大学院修士課程比較法学専攻修了、
チュレーン大学ロースクール卒業。
日本大学法学部教授。
多くの法学関係の著作物もある。
グアム弁護士、アメリカ法曹協会会員、国際法曹協会会員。
総務省「行政相談委員制度の在り方に関する研究会」構成員を務めた。

今回の金銭トラブルは、山口組系元組長が、さいたま地裁越谷支部に起こした民事裁判の中で明らかになったもの。
山岡名誉教授は昨年8月、この裁判に元組長側の証人として出廷し、10年ほど前に海外での投資に当てる資金として元組長から2千万円を借りたと証言していた。

また、7年前に、山口組元幹部と料亭やクラブで会食し時には、一緒にJOCの(当時の)役員2人もいたとも証言している。いろいろな人たちがズブズブな関係を有しているようだ。

[ 2015年11月11日 ]
スポンサード リンク

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 
JCNET注目記事!
PR いま建設業界の求人が急増中、当サイトおすすめのワークポートが便利です。


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ