アイコン 暴力団も大変 稲川会と山口組が共同でナマコ密猟

スポンサード リンク

青森県警は、指定暴力団で青森県側の稲川会系と北海道側の山口組系が組織を超えて手を組み、陸奥湾のナマコ密漁し、海峡を挟んで荒稼ぎしていた実態が捜査で判明したと報道されている。
両者は、密漁場所への手引きと、その謝礼に当たる場所代の支払いを繰り返していたことが判明したという。組員らが水産加工会社などを取り込みながら1年程度で少なくとも2億円を得ていたとみている。
密 漁を手引きしたとして11月27日に逮捕された稲川会系組員の無職佐々木強容疑者(42、青森県むつ市)らは、今年、漁業法違反(密漁)などの罪で起訴さ れた無職紙谷聡被告(44、函館市)らから、手渡しや口座振り込みで1回当たり数万~数十万、計数百万円が渡っていた。金額はナマコの取れ高などに応じて 決めていたという。

佐々木容疑者の逮捕容疑は10月4日、実行役の男8人と共謀し、県知事の許可を受けずにナマコ約960キロ=卸相場価格約288万円相当を採って川内町漁協の漁業権を侵害したなどの疑いがもたれている。

これまでに函館市などに住む山口組系組員や紙谷被告ら密漁の実行グループ8人を逮捕。グループは主に道内で密漁をしていたが監視が強化され、昨年9月に拠点を青森県側に変更していた。
陸奥湾内の事情に不案内な実行グループが、青森県側の窓口となった佐々木容疑者らと事前に電話などで連絡を取り合っていたため、県警は密漁の謀議があったと判断。稲川会系幹部らも関わっているとみて調べているという。
以上、

[ 2015年12月 1日 ]
スポンサード リンク

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 
JCNET注目記事!
PR いま建設業界の求人が急増中、当サイトおすすめのワークポートが便利です。


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ