アイコン 県議山田博司氏辞職の勧め。

スポンサード リンク

投稿者ー山田博司研究会・会員NO2

県議山田博司氏辞職の勧め。

長崎県議会議員は国会議員であろうと、県会議員であろうと県民の税金です。

公人として常に襟を正し、不正等があってはいけないが持論です。「うどん屋の釜」より酷く、県議バッチを付けて有言不実行(ゆうだけ)の悪漢です。

山田博司氏は、年末年始の多忙なとき、小浜温泉4泊5日の不倫旅行をしたことについて、JCネット及び510ジャーナルで詳報されています。

(長崎県議会議員版の『ゲスの極み山田博司』)

https://www.youtube.com/watch?v=VWT3sheZMMg


(ヒロシです。ヒロシです。やまだヒロシです。)
https://www.youtube.com/watch?v=cdmYI3D4Sn0

成人式とは、子供を一人前の人として、社会的に認めるために行う厳粛で目出度い儀式です。

山田博司氏は例年、五島市の成人式に、同市選出県会議員、公人の身分で来賓として出席し、祝辞を述べていました。

今年は1月4日に行われ、山田博司氏は議員(公人)として出席し、祝辞を述べる予定でしたが、山田博司氏の「不倫旅行」を察知された成人を迎えられる親族の人から、祝辞を述べる資格がないと強く抗議され、成人式欠席のやむ無きに至ったようです。

自分の行った不祥事によって、公人としての役目が果たせなかったことは、市民にとって誠に残念であり、不幸なことであります。

1月8日、「賭けマージャン問題」で、反省と混乱を避けるために、成人式を欠席した、飯塚市長斎藤守史氏は、潔く責任をとり今月31日付けで辞職される意向を明らかにされました。

市長と県会議員は選挙で信任された公人であり、身分は同じです。

山田博司氏は不祥事を引き起こし、公人としての職務を遂行できず、五島市民と有権者を愚弄し、多大な迷惑をかけています。

飯塚市長と同様に、その責任をとり、すみやかに辞職されますことをお勧めします。

また、1月22日(赤口の日)五島市議会議員選挙の告示日の1週間前に、取って付けたように「山田博司県議会議員在職10周年記念祝賀会」が開催されます。

古来より、「終わり良ければすべて良し」という言葉がありますが、「結果が(10年目)が悪ければ全てが悪いという意味です」 終わりは「不倫旅行と公務(県議)での成人式に出席できず、」全て悪かった 。ということでしょう。

これで10周年の節目の祝賀会で誰が、何を、どのようにお祝いされるでしょうか。

「類は友を呼ぶ」という言葉もありますが、社会福祉法人藤朋会ふじ学園の杉徹也さん・中塚裕介さんや関係者の皆様はどのようにお考えでしょうか。

お手並みを拝見したいと思います。

スポンサード リンク
[ 2017年1月17日 ]

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ