アイコン オー・エム・パートナーズの宮本裕天弁護士ら逮捕 

スポンサード リンク

大阪地検特捜部は20日、熊本市に住む東京の会社の社長が、弁護士らの指南を受けて株の売却などで得た利益を隠し、5000万円あまりを脱税したとして、社長や弁護士ら3人が、所得税法違反の疑いで逮捕した。

逮捕されたのは、東京・港区の看板販売会社の社長で、熊本市中央区に住む武田敏和容疑者(48)と東京都港区の投資顧問会社社長、鬼沢礼志(49)および東京都港区の弁護士法人「オー・エム・パートナーズ」代表弁護士、宮本裕天容疑者(34)の3人。

宮本容疑者は国内外の税務などを事業内容とうたった「国際税務金融法律事務所」(東京)も開設。当法律事務所の鬼沢礼志容疑者は会員。

3人は、平成26年、武田社長が実質的に経営する太陽光発電関連会社の株式などの売却により、約3億4000万円の利益をあげたのに、虚偽の確定申告をして利益を隠し、5000万円あまりを脱税したとして、所得税法違反の疑いが持たれている。

宮本弁護士は、東京・港区で法律事務所を経営していて、武田社長は、宮本弁護士らから脱税方法の指南を受け、確定申告で架空損失を計上したうえ、妻の名義を使うなどして、所得を隠したという。

特捜部は、3人が容疑を認めているかどうか明らかにしていない。

以上、

 

スポンサード リンク
[ 2017年1月20日 ]

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ