アイコン 「サイエンス・サプリ」を薬事法違反で松下昌裕代表を逮捕 ピクノジェノール

スポンサード リンク

警視庁は1日、「子宮内膜症の治療薬」とうたって未承認の商品を販売したとして健康食品販売会社「サイエンス・サプリ」(東京・中央区)の社長、松下昌裕容疑者(43)を医薬品医療機器法違反(販売など)の疑いで逮捕したと発表した。
松下容疑者は容疑を認めているという。
松下容疑者は2012年4月以降、この商品を約2千人の顧客に販売し、1億3千万円以上を売り上げていたとみられるという。
警視庁生活環境課によると、逮捕容疑は昨年5~11月、ネット上で、厚労省から承認を受けていない「ピクノジェノールスーパーピーディーアール」という商品が、子宮内膜症や月経困難症の治療薬と宣伝し、120粒入りのボトル1本を約1万3千円で販売したなどしたというもの。
同課によると、商品の原価は、1本あたり1500円程度で、服用した人の中には「出血した」と話す人もいるという。
以上、報道参照

同社はピクノジェノール関連商品を1万円以上で販売しており、高ければ信用できるという消費者心理に付け込んだ商売を行っている。
同社の製品は楽天でも販売されているが、大丈夫だろうか。ほかにケンコーコムやボウス(BOWS)ダイエット食品・健康食品・サプリメント通販の 「サプリ・タウン」でも販売されている。

HPより
ピクノジェノールとは
○ピクノジェノール(R)は、ボルドーの南部の過酷な環境に生育する樹齢25年から30年の海岸松(カイガンショウ)の樹皮から抽出された天然植物成分です。
○ピクノジェノール(R)は「月経困難症および子宮内膜症の治癒薬として、日本ならびにアメリカの特許を取得しています。

0301_18.jpg

スポンサード リンク
[ 2017年3月 1日 ]

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ