アイコン 「サーマクール」改造チップのセイルインターナショナルを家宅捜索/大阪府警

スポンサード リンク

大阪府警は9日、顔のしわを取るとされる未承認の医療機器を販売目的で保管したとして、大阪市住之江区の輸入会社「セイルインターナショナル」などを医薬品医療機器法違反容疑で捜索した。

この機器を巡っては、部品の改造によってやけど被害が出ているとして、厚労省が注意を呼びかけていた。
府警によると、医療機器は、米国製「サーマクール」。肌に電磁波を照射してしわを取る美容効果があるとされる。
国内では未承認だが、同社は販売するために米国から輸入し、保管していた疑いがもたれている。

同省によると、機器の使用回数の制限を解除する改造チップが出回り、施術を受けた1人がやけどする被害が確認されたという。
改造チップは同社が販売していたといい、同省が府警に情報提供していた。

関連記事
不正輸入問題に発展 人気の米製美容医療機器「サーマクール」問題
http://n-seikei.jp/2017/02/post-42542.html
以上、

改造チップ込みで大繁盛の韓国の美容整形病院へも販売していたのだろうか。

 

セイルインターナショナル(株)
本店所在地
大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビル ITM棟 9F K-2
設立日
1996年11月5日
代表者
代表取締役 坂口時彦
資本金
8,000万円
主要取引銀行
りそな銀行 市岡支店
三井住友銀行 難波支店
三菱東京UFJ銀行 築港支店
従業員数
15名
ソウル支店
Seoul Auto Gallery “B-112 217 Yangiaedong, Seochogu, Seoul, 137893
事業内容
1. 自動車、オートバイ、部分品の輸入、輸出及び販売業
2. 医療機器、美容機器、健康機器などの輸入(代行含む)、輸出(代行含む及び販売、賃貸、保守業)
3. 広告、販売促進に関する企画、立案、製作及び市場調査
4. 経営コンサルタント業
5. 上記各号に附帯関連する一切の業務
・高度管理医療機器等販売業・賃貸業許可取得
(許可番号:第N05286号)
・医療機器修理業許可番号:27BS200280
関連会社
セイルシステム株
セイルトレーディング株
セイルインターナショナルUSA
DONGTIEN ENTERPRISE(ベトナム)
 
0309_16.jpg

スポンサード リンク
[ 2017年3月 9日 ]

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ