アイコン どうなる「大洗リゾートアウトレット」訴訟沙汰に/茨城・大洗町

スポンサード リンク
 

茨城県大洗町の商業施設「大洗リゾートアウトレット」に、県産品を販売する「大洗まいわい市場」を出店していた「Oaraiクリエイティブマネジメント」(社長:常盤良彦)が、売上預託金や敷金など計約千四百万円の返還を求め、商業施設「大洗リゾートアウトレット」を運営する「八ケ岳モールマネージメント」(東京都千代田区)を相手取り、水戸地裁に提訴したことが分かった。

大洗リゾートアウトレットは、大洗町が町内の県有地に誘致し、2006年に開業した。
Oaraiクリエイティブマネジメントは、2009年に「大洗まいわい市場」をオープン、2016年には町を舞台にした人気アニメ「ガールズ&パンツァー(ガルパン)」のグッズを販売する「ガルパンギャラリー」を施設に開設した。

今年3月、Oaraiクリエイティブマネジメント側が、施設の警備体制の不備を批判して両店舗の営業を中止。一時、再開したが月末に退去し、隣接する県有地の仮設店舗に移転した。

訴状によると、「大洗まいわい市場」と「ガルパンギャラリー」は、毎日の営業終了後、売上金の全額を「大洗リゾートアウトレット」側に預け、月に2回、賃料と諸経費を差し引いた残額を受け取る契約だった。しかし、今年2月分の1200万円が支払われておらず、退去後、敷金2百万円も返還されていないと主張している。

 クリエイティブマネジメント側は、「売上預託金のほかに、社長が大洗大使を務めるリゾートアウトレット側に、町も協力しているアニメとの取り組みを中傷されたこともあり、作品を愛し活動する立場として退去した。ほかのテナントへの影響や、町の出先機関が入居していることを考慮して表立った行動は控えてきたが、弁護士に勧められ提訴に踏み切った。この件については、そっとしておいてほしい」とコメントした。

 八ケ岳モールマネージメントの担当者は「訴訟については弁護士に任せているが、本社の主張とは大きく異なるため、反訴の手続きを進めている」と話している。

<施設売却の動き・小谷町長明かす>
 大洗町の小谷隆亮町長は、6月定例町議会の一般質問で「会社が(大洗リゾートアウトレットの所有権を)どこかに移したいと聞いている。町にとって一番いい歩みができるような相手と折衝してとお願いしている」と答弁、施設売却の動きがあることを明らかにした。

 小谷町長の答弁について、「八ケ岳モールマネージメント」は、「町の意向を受け、売却先を探している状況」と説明。具体的な譲渡先などについては「決まったことはなく、答えられない」と話した。
 大洗リゾートアウトレットを巡っては、「大洗まいわい市場」(運営:Oaraiクリエイティブマネジメント)を含め、テナントの退去が相次いでいる。
現在、施設の大半が空きフロアになっており、営業中のテナントからは施設の閉鎖を心配する声が上がっている。
以上、報道参照

大洗リゾートアウトレットの売却について、八ケ岳モールマネージメントは町の意向としている。しかし、拡張部分の施設については不動産の所有権を有しており、町の意向は無視することはできるはずだ。現在、物産販売施設の「大洗まいわい市場」の運営会社に逃げられ、アウトレット施設でも空フロアだらけでは八ケ岳モールマネージメントも、このまま維持・運営し続けることはできない。
八ケ岳モールマネージメントは、これまで投資してきたもののうまくいかない大洗リゾートアウトレットを見切り、「八ヶ岳小淵沢リゾートアウトレットモール」に経営資源を集中したいものと見られる。
 八ケ岳モールマネージメントにしても、大洗リゾートアウトレットの売却がスムーズに行かなかった場合、足元をすくわれる可能性すらある。

<訴訟の当事者の言い分>
「大洗まいわい市場の無期限休業のお知らせ」
平成29年3月7日
大洗まいわい市場/代表:常盤良彦
平素より、当店に格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。
さて、平成29年3月7日(火)より、「大洗まいわい市場」と「大洗ガルパンギャラリー」を無期限の休業とさせて頂くこととなりました。
決断に至った最大の要因は、「大洗リゾートアウトレット」の運営会社である(株)八ヶ岳モールマネージメントが当社を含むテナント各社から、別途、警備会社に支払うべき警備費を徴収しているにも関わらず、平成29年3月1日よりテナント各社に対して何らの相談もなく、警備員を置かないという背信行為を行ったことです。
よって、現在の大洗リゾートアウトレットは、駐車場内における事故の防止及びお客様やスタッフの安全確保に関して、重大な瑕疵が生じている状態と判断せざるをえません。
このような基本的なマネジメント業務を放棄された状態で、店舗の運営を行うことは不可能であり、なによりもお客さまとスタッフの安全性の確保を優先したいとの考えから、今回の決断に至りました。

<八ヶ岳モールマネージメントの反論>
0703_02.jpg

 

<山梨県「八ヶ岳小淵沢リゾートアウトレットモール」>
山梨県は、「大規模集客施設等の立地に関する方針」に基づき、平成29年2月2日付けで立地計画書(増床)の届出があり、「八ヶ岳小淵沢リゾートアウトレットモール」について、平成29年4月13日に意見を届出者に通知したとして公表した。
1、届出者(施設設置者)の名称及び住所
名称:株式会社八ヶ岳モールマネージメント 代表取締役:藤井弘毅
住所:東京都千代田区一番町18番地

2、届出の概要
(1)大規模集客施設の名称及び所在地
名称:八ヶ岳小淵沢リゾートアウトレットモール
所在地:山梨県北杜市小淵沢町字出口4000番
(2)届出事由 施設の増床
(3)大規模集客施設の規模及び業種
ア、合計床面積 増床前:12,945.43平方メートル、増床後:19,332.19平方メートル
イ、店舗面積 増床前: 8,650.95平方メートル、増床後:13,332.36平方メートル
ウ、駐車場収容台数 増床前: 約990台、増床後:約1,050台
エ、主な業種:小売業、飲食業、その他サービス業
(4)増床後の営業開始予定時期:平成30年7月

 

社名
株式会社八ヶ岳モールマネージメント
本社
東京都千代田区一番町18番川喜多メモリアルビル4階
代表
藤井弘毅
設立年月日
2000年10月19日
小淵沢オフィス
山梨県北杜市小淵沢町字出口4000番
八ヶ岳リゾートアウトレット
大洗オフィス
茨城県東茨城郡大洗町港中央11-2
大洗リゾートアウトレット

0703_03.jpg

[ 2017年7月 3日 ]
スポンサード リンク
 

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ