アイコン 偽装転勤で中国人ら働かせ全永博ら10人逮捕

警視庁は2月2日、実在しない会社の転勤を装って偽のビザの申請書を提出し、中国人を働かせていたなどとして全永博容疑者(41)ら10人を逮捕した。

全永博容疑者(41)らは昨年7月、実在しない中国の子会社から日本の本社への転勤を装って中国人の就労ビザを不正に申請したなどの疑いが持たれている。

全容疑者らは、一昨年から同様の手口で就労ビザを不正に申請し、これまでに20人近くの中国人を千葉県市川市の工場で働かせ、1億5千万円以上の利益を得ていたとみられている。全容疑者は「虚偽の申請をしたことに間違いありません」と容疑を認めているという。
以上、

スポンサード リンク

入管当局がろくに企業調査もせず許可したことによるもの。

中国の労働者を日本へ送り込む中国のおっかない組織と結託したものだろう。

中国は農民工が北京や上海などの大都市に溢れかえっており、出稼ぎに来たものの職に付けない人たちも多い就職事情がある。そうしたことから、中国の労働者は仕事を選ばない。しかし、韓国の30歳未満の若年労働者は、9.8%の失業率ながら、格好や仕事を選別することから、なかなか仕事に着けない事情がある。そうした職種は年金生活できない高齢者たちに仕事を奪われている。失業率とは別に就職を諦めた人たちも多い。

反日でなければ韓国人も中国人も日本へ出稼ぎに来たらいいのに・・・、しかし、日本には排他的就職水域がある。
日本の外人労働者は現実、大幅に増加しており、政府は外国人労働者の受け入れを本音と建て前で使い分け、その恩恵に授かっているところも多いのが現実。派遣・業務請負会社・・・。

スポンサード リンク
[ 2018年2月 2日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ