アイコン 旭川市の飲食店従業員らが800万円詐欺

 

 

道警は、知人を装ってうその電話をかけ、留萌地方の70代の女性から現金800万円をだまし取ったとして、男2人が詐欺の疑いで逮捕した。
逮捕されたのは、住所不定無職の秦友起容疑者(36歳)と、旭川市東旭川北2条6丁目の飲食店従業員、輪島陸容疑者(21歳)の2人。
 秦容疑者と輪島容疑者は仲間と共謀し、昨年10月、留萌地方の70代の女性の自宅に知人を装い、「お金が入ったかばんを足元に置いていたら持って行かれた。お金が必要だから都合してほしい」などとうその電話をかけ、その後、秦容疑者は、輪島容疑者が運転する車に乗って、女性の家の近くの路上で現金800万円を受け取ったという。

不審に思った女性から被害届を受けた警察が、捜査を進めた結果、別の詐欺容疑で逮捕していた秦容疑者らが関わっていたとして、警察は2人を逮捕した。

スポンサード リンク

警察は、残る詐欺グループをしょっぴくため、捜査を継続している。

秦容疑者は、今回が7回目の逮捕、だまし取った金額はあわせて約2700万円に上るということで、警察は詐欺グループの全容解明を進めている。
以上、報道参照

金持ちの高齢者の名簿が販売されており、特に過去詐欺被害を受けた高齢金持ちは再度被害にあいやすい。不審と思ったら警察官を立ち合わせることが肝心。そのためにもお巡りさんが身近にいる。支払った後で捕まえてもらってもお金は返ってこないことが99%以上。

スポンサード リンク
[ 2018年2月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ