アイコン 福岡県警 金塊60キロ密輸事件/貴金属会社社長ら4人を無許可輸入などの逮捕

 

 

福岡県警と門司税関は18日、韓国・金海国際空港(釜山)から福岡国際空港に昨年10月、金塊計約60キロ(約2億8千万円相当)が密輸された事件で、岡山市中区の会社社長、三好康司容疑者(42)、戎直也(29/東京都台東区)、同社員の中田京子(52/岡山市北区)、会社経営の宇田川豊和(56/埼玉県川口市)の4人を関税法違反(無許可輸入)などの疑いで逮捕したと発表した。
三好容疑者らは、金塊の買い付け役だったとみている。

福岡県警生活経済課などによると、4人は昨年10月31日、韓国籍の男女らと共謀して、金海空港から福岡空港に金塊計約60キロを無許可で輸入し、消費税など計約2200万円を免れた疑いがある。
三好容疑者の会社は昨年10月~今年1月に買付代金として、香港の貴金属販売業者に約216億円を送金していたという。
以上、報道参照

スポンサード リンク

当密輸事件では3月に、特定危険指定暴力団工藤会の元組員の男ら3人が逮捕されている。
216億円の出所が今後、徹底的に調べ上げられることになる。

今や韓国から、無料で日本旅行が楽しめるという金塊運び屋にした一般人の多くの韓国女性たちが、ブラジャーの中や尻の穴に入れ、密輸している事件が多々発覚している。
 

スポンサード リンク
[ 2018年7月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ