アイコン 山田博司(長崎県議)の政治資金の研究(その1)

 

 

投稿者=山田博司研究会NO7

謹賀新年

山田博司(長崎県議)の政治資金の研究(その1)

必見!長崎県・県議ビジネス「平成27年度」由香ちゃん&博司バージョン
https://www.youtube.com/watch?v=JBlMQZD4ZtM

平成30年11月30日,長崎県より平成29年の『政治資金収支報告書』が公表されました。

異常と思われる『山田博司』氏の政治資金について,この資料に基づいて研究することにします。

まず,政治資金の基本理念は

(1)政治資金は国民の浄財である。自発的意志により,強制,強要してはならない。

山田博司県議さん、業者等に対して仕事(予算を含む)を邪魔をすると言って脅してませんか?

山田県議に献金してる業者の皆さん,山田県議に予算も仕事も邪魔するぞって脅されてませんか?

また,山田に邪魔されると思い込まれていませんか?

毅然として対応しましょう。

(2)政治活動の公明の確保。

政治活動の公明の確保とは,政治活動の実態を国民の前に公開してガラス張りにすることです。

国民の不断の監視と批判の下に置くことを意味します。(公表しないで下さいと主張する人は政治献金をしないことです。法の趣旨に反します。何かやましいことでもありますか?)

山田博司県議の政治資金収支報告書の表紙の4欄に、会計責任者の氏名,江頭真美と記載されています。

前年は山田洋子と記載されていましたので、変更されています。

この江頭真美さんが同性同名でなければ,山田博司氏と年末年始『小浜のうぐいす屋の不倫旅行』のパートナーと思われます。

ヒロシです。ヒロシです。やまだヒロシです。第2弾
https://www.youtube.com/watch?v=JF2vxABACw8

このような関係になっています。(山田さんそっくりさんでも、同性同名でも不倫は不倫ですよ)また,事務担当者氏名,江頭真美、電話0959-75-0109と記載されています。しかしここには不在です。これは虚偽記載を意味するもので,山田博司氏の人柄を表現しています。(続く)

[ 2019年1月 4日 ]
 

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ