アイコン (株)FocusWEB(埼玉)/民事再生申請 AIアルゴリズム開発会社

 

 

情報システム開発の(株)FocusWEB(埼玉県富士見市ふじみ野西1-18-1、代表:山下貴正)は4月9日、申請処理を清水靖博弁護士(電話03-3527-2121)ほかに一任して、東京地方裁判所へ民事再生法の適用申請を行い、監督命令を受けた。監督員には、柴田祐之弁護士(電話03-6206-1310)が選任されている。

負債額は約2億円。

スポンサード リンク

同社は平成24年4月設立の情報システム開発会社。情報システム開発、AIアルゴリズム開発、顔認証システム開発など各種システム開発を行い、平成30年3月期は1億5千万円の売上高を形状していた。しかし、システム開発の先行投資が大きく、資金繰り窮する状態が続いていた。

追、製品しだいでは、再建は可能であり、IT商社などと組めば、化ける可能性もある。今時、世の中はシステム開発者が不足しており、受託業務を積極化すれば、資金的にも楽になろう。

 

 

 

 

スポンサード リンク
[ 2019年4月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ