アイコン 調理器「Dr.Fry」のエバートロンが儲け過ぎて脱税

 

 

東京国税局は、架空の代理店手数料を計上し、約4700万円を脱税したとして、法人税法違反の疑いで、電波振動で揚げ物をおいしく調理できるという「Dr.Fry(ドクターフライ)」のメーカー「エバートロン」と田中久雄社長(64)を東京地検に告発していたことが分かったと報道されている。

同社はドクターフライを飲食店などに販売した際、架空の代理店手数料を計上。2018年3月期の1年間で約1億9200万円の所得を隠し、法人税約4700万円の支払いを免れた疑いが持たれている。

主に代理店を通じて販売していたが、2017年に複数のテレビ番組に取り上げられたことで直接販売が急増。
田中社長が経営する別会社を通じて売ったことにし、代金の一部を手数料として別会社の口座に移していた。売却したエバートロン株を買い戻すのに使ったという。

スポンサード リンク

エバートロンなどによると、ドクターフライは業務用フライヤーに付ける調理器で、水分子の構造を変えることでおいしい揚げ物を短時間で作ることができるという。
2013年に発売され、国内外の飲食店やスーパーの総菜売り場などで約5000台が使われているという。
エバートロンの2017年3月期の売上高は1億7800万円だったが、2018年期は6億7500万円、2019年期は8億9000万円と急成長していた。

田中社長は代理人弁護士を通じ、製品開発に傾注し、経理面の対応がおろそかになった。修正申告しており、今後は適正な税務申告に努めるとコメントしたという。
以上、

<↓既存のフライヤーに取り付けるDr.Fry>
0705_0.jpg

 

 
[ 2019年7月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ