アイコン 韓国の8月の輸出 ▲13.8%減 2桁減3ヶ月連続 9ヶ月連続マイナス

 

スポンサード リンク
 

韓国産業通商資源部が9月1日に発表した8月の貿易収支は、
輸出額は前年同月比▲13.6%減の442億ドル(約4兆6,980億円)、9ヶ月連続減。
輸入額は同▲4.2%減の424億8,000万ドル
貿易収支は▲84.7%減の17億2,000万ドルの黒字、黒字は91ヶ月連続。

7月は47億7,000万ドルの黒字、6月は62億8,000万ドルの黒字/2018年8月112億4,000万ドルの黒字(韓銀数値)。

輸出は、米中貿易戦争が激化する中、日本政府の対韓輸出規制や、輸出額は9ヶ月連続マイナスとなった。6月からは2桁台の減少が続いている。
減少したのは、
半導体は同▲30.7%減、造り過ぎて価格下落、まだ生産調整中
石油化学は▲19.2%減、需要低迷と原油価格の下落の影響
石油製品は▲14.1%減、需要低迷と原油価格の下落の影響
など主力品目の輸出が振るわなかった。
(WTI先物原油価格は昨年8月68ドル台⇒今年8月は54ドル台と▲約20%下落している)

増加したのは、
自動車は4.6%増、高付加価値のSUV輸出が好調=現代G
船舶は168.6%増、引渡し時でブレが大きい
2次電池は3.6%増、車両用が騒ぐ割には小さい。
農水産食品は5.7%増
化粧品は1.1%増
などだった。

輸出額を輸出先別にみると、減少したのは
中国へは▲21.3%減、
米国へは▲6.7%減
日本へは▲6.2%減
増加したのは、
東南アジア諸国連合(ASEAN、1.9%増)、
独立国家共同体(CIS、8.8%/バルト3国除く旧ソ連)

ただ、7月から始まった日本の対韓輸出規制による、日本への輸出や日本からの輸入への影響は限定的。

7月現在、日本が輸出規制を強化した半導体などの材料3品目の輸入額は8000万ドルで、日本からの輸入額全体(41億6000万ドル)に占める割合は1.8%にとどまる。

同部関係者は「日本の輸出規制により実際に生産に支障が出た事例がなく、韓国の輸出に与える影響も限定的だとみられる」と述べた。

韓国は今後、灯油の対日輸出規制に入るのではとされている。そうなれば、供給不足になるおそれもあるが、メーカー側は代賛可能としている。韓国が、こうした制裁をすれば、国際収支に占める貿易収支の割合が大きい韓国にあり、自らの首を絞めることになる。
以上、韓国紙参照

ウォン安で貿易収支は改善する可能性があるが、中国・東南アジア経済の低迷はそれを相殺してしまう。輸入物価上昇で、内需企業の収益悪化、消費低迷を招く可能性がある。
韓国民はボイコットジャパンで買わなかった分を、韓国企業製で購入しなければ、消費全体がマイナスとなり、経済低迷を助長してしまう。

 
韓国の輸出推移
/百万ドル
輸出
前年比
2017年計
577,380
12.8%
2018年1月
49,210
22.2%
2
44,950
 
3
51,580
6.1%
4
50,060
-1.5%
5
53,780
13.5%
6
51,230
0.0%
7
51,880
6.2%
8
53,270
11.7%
9
50,580
-8.2%
10
57,240
28.8%
11
51,720
0.5%
12
48,500
-1.2%
2018年計
625,440
7.8%
2019年1月
49,380
-5.4%
2
40,130
-10.8%
3
47,990
-8.2%
4
48,300
-6.2%
5
48,030
-10.8%
6
44,180
-13.5%
7
46,136
-11.0%
8月
44,200
-13.6%
・韓国銀行と産業通商資源部のデータを混載しており、最終数値の韓国銀行の数値と異なるケースあり。

[ 2019年9月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ