アイコン 原子力規制委 原発耐震化見直し 再稼動も対象 玄海、川内追加対策の見方

 

スポンサード リンク
 

原子力規制委員会は11日の定例会合で、原発の耐震性の審査手法を一部見直す方針を決めた。過去に地震を引き起こした断層のうち、ずれなどの痕跡が地表に現れていないものは「未知の震源」とされ、そこで再び地震が起きた場合に、どれくらいの揺れが想定されるかの計算手法を変更する。再稼働済みを含む全国の原発に適用する。

 直ちに運転停止は求めないが、電力会社に対し、一定の猶予期間内に新たな手法での再審査を受けるよう要求する。
 再審査により原発の耐震設計の目安となる揺れ(基準地震動)の引き上げや、耐震対策の強化を迫られる可能性もある。敷地周辺に活断層などのない九州電力の玄海原発(佐賀県)や川内原発(鹿児島県)は追加対策が必要になるとの見方が出ている。
 規制委は今後、電力会社の考えを聞き、猶予期間をどれくらいにするか検討する。意見公募を経て来年2月ごろに関連規則などを改正する。
以上、報道参照
中央構造体と豊後日向断層体が近くにある伊方原発も対象だろう。
政府は元規制委委員で地震学者の島崎邦彦東大教授を再稼動に邪魔として追い出した(再任しなかった)が、規制委が本当にやるのなら呼び戻して、その知見を生かして再考すべきだろう。
 
地震学者たちは、熊本地震や厚真地震を予知することもできず自信喪失させ、弱気になり、強気の対策が必要と、南海トラフ地震などの対策と仮定の被害状況を強化し続けている。
それほど、日本の地殻は3つも4つものプレートの圧力でねじれにねじれ、深さ10キロの内部さえほとんど判明していない。近海も含めて未知数ばかり。今や火山まで予知できない浅間山。
原発地は並行して音響検査を詳細に実施すべきだろう。
地震(=自信)大国NIPPON

 

最近一ヶ月の緊急地震速報/気象庁 2019年
発生日時
震央地名
観測
最大震度
9月10日
(与那国島近海)
3.7
---
9月10日
(沖縄本島近海)
3.9
---
9月8日
(福島県沖)
4.3
---
9月7日
浦河沖
4.9
3
9月7日
岩手県沖
4.0
2
9月7日
(関東東方沖)
5.0
---
9月7日
(沖縄本島近海)
4.0
---
9月6日
(福島県沖)
4.1
---
9月6日
根室半島南東沖
3.8
2
9月6日
福島県沖
3.7
1
9月6日
福島県沖
4.0
1
9月6日
(八丈島東方沖)
4.2
---
9月5日
和歌山県南方沖
4.2
2
9月4日
岩手県沖
4.0
2
9月4日
三陸沖
4.4
1
9月4日
(釧路沖)
3.3
---
8月31日
長野県南部
4.1
3
8月31日
奄美大島近海
3.6
2
8月30日
根室半島南東沖
3.9
2
8月29日
青森県東方沖
6.1
3
8月29日
(沖縄本島近海)
3.7
---
8月27日
石川県能登地方
3.8
3
8月27日
宮城県沖
4.0
1
8月27日
沖縄本島北西沖
4.6
2
8月27日
神奈川県西部
4.2
3
8月25日
(北海道西方沖)
4.7
---
8月25日
青森県東方沖
4.1
2
8月24日
(九州地方南東沖)
3.7
---
8月24日
福島県沖
5.6
3
8月24日
(石垣島近海)
3.5
---
8月24日
石垣島近海
5.2
3
8月24日
(福島県沖)
4.0
---
8月24日
宮城県沖
4.2
3
8月24日
宮城県沖
3.9
2
8月23日
千葉県南部
4.0
2
8月22日
(沖縄本島近海)
3.8
---
8月21日
十勝地方南部
4.3
2
8月21日
新潟県下越沖
3.9
2
8月20日
奄美大島近海
5.0
2
8月20日
奄美大島近海
4.9
3
8月18日
新潟県下越沖
4.4
3
8月18日
(薩摩半島西方沖)
3.7
---
8月18日
釧路沖
3.8
1
8月16日
(津軽海峡)
3.5
---
8月16日
(福島県沖)
3.8
---
8月15日
沖縄本島近海
3.9
1
8月15日
十勝沖
4.4
2
8月15日
宮城県沖
4.6
1
8月15日
福島県沖
3.8
2
8月15日
宮城県沖
4
2
8月15日
青森県三八上北地方
4.5
3
8月15日
青森県三八上北地方
5.5
4
8月14日
宮城県沖
4.3
2
8月12日
(宗谷東方沖)
4.2
---

 

震度1以上の地震速報数/気象庁
2011年
平成23年
3,923
東日本大震災
2012年
平成24年
1,406
 
2013年
平成25年
1,010
 
2014年
平成26年
887
 
2015年
平成27年
973
 
2016年
平成28年
1,178
熊本地震
2017年
平成29年
768
 
2018年
平成30年
908
 
2019年
平成31年
461
7月まで

 

[ 2019年9月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ