アイコン BMW ノルマ未達 販売店に買い取らせる ベンツ・BMW・VW過去4年日韓推移表

 

スポンサード リンク
 

公取委は11日、BMWの日本法人「ビー・エム・ダブリュー」が、販売店に不当なノルマを設定し、達成できなければ買い取らせていたとして独禁法違反(不公正な取引方法)の疑いで、同社などを立入検査した。

同社は数年前から複数の販売店に対し、通常の営業活動では達成困難な新車の販売ノルマを設定。達成できなければ販売店に買い取らせるなど不当な取引条件を設けていた疑いがあるという。

以上、

外資法人であり、当然、裏を取っての立入検査。

韓国では昨年夏50台ほどBMW車の車両火災事故が発生していた。しかし、今シーズンBMW車の火災情報は韓国マスコミにより報道されていない。

該当車17万台あまりのうち、今年5月時点で8万台あまりがまだリコールによる部品交換がなされていないと報じられていた。七不思議。

韓国内での車両火災は10万台当たり日本の8倍ほど高い(日本車両火災事故年間1500台あまり、韓国5000台超/車両登録台数は日本が倍以上多い)。

2010年EUとのFTA締結で、欧州車に多いディーゼル車が、韓国勢も内外販売用に大量に製造し、一時、欧州車も含め大量販売されていたことによるものと見られる。営業車も当然ディーゼル車が多い。韓国だけにあるドイツ神話の結果だろうか。

車両火災で、BMW車は問題となったが、現代自動車の車両は何も問題にならないのは愛国心からだろうか。

[ 2019年9月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ