アイコン 追報:大和商事(株)、大和コンクリート工業(株)ほか(福井)/特別清算

 

スポンサード リンク
 
 

生コン製造の大和コンクリート工業(株)(福井県敦賀市昭和町*** )と関連でコンクリ二次製品の大和商事(株)(福井県敦賀市昭和町*** 代表清算人:同)および(株)DSE整理会社(福井県敦賀市呉竹町*** 代表清算人:同)は8月29日、福井地裁敦賀支部において、特別清算の開始決定を受けた。申請処理は高木大地弁護士(電話06-6231-3210)が担当している。

負債額は3社計で約17億円。

大和コンクリート工業(株)は昭和35年9月設立の生コンクリート製造会社、大和商事(株)を経由して生コンとコンクリ二次製品の製造会社。経営不振から債務超過に至っていた。

大和商事(株)は昭和57年6月に大和コンクリート工業(株)からコンクリ二次製品卸販売事業を分離して設立された会社。以前は、道路や護岸用にニーズが高く、27億円以上の売上高を計上していた。

しかし、受注が期待された敦賀原子力発電所の3・4号機増設計画がフクシマ原発大爆発で停止状態となり、地域の官庁工事も減少し平成30年10月期には約10億円まで売上高が低下、業績悪化により、財務体質を悪化させ続けていた。

(株)DSE整理会社は昭和42年4月設立の元、大和石油(株)のガソリンスタンド。一般客のほかにグループ企業への売上高もあったが、競争激化で最近は債務超過に陥っていた。

こうしたなか昨年9月1日事業再編を行い、大和コンクリート工業(株)と大和商事(株)の全事業を大和工業(株)に譲渡、大和石油(株)の事業を大和商店(株)へ譲渡し、地元建設会社により大和工業(株)と大和商店(株)=大和石油(株)は運営されることになった。

そのため、大和コンクリート工業(株)と大和商事(株)と旧大和石油から社名変更した(株)DSE整理会社は、それぞれ解散を決議していた。

事業は大和工業(株)と新大和石油により継続して営業されている。

[ 2019年9月12日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ