アイコン 原油価格58ドル台に サウジ  既に70%(400j万バレル)回復 3週間内に生産回復と

 

スポンサード リンク
 

サウジアラビアの原油生産が予想よりも早く通常状態に戻る見通しであることが17日、関係筋の話で明らかになった。

最新の状況について説明を受けたサウジの関係筋はロイターに対し、14日に発生したイエメン・フーシ派の無人機による石油施設に対する攻撃で、日量570万バレルの生産が滞ったが、このうち70%(=400万バレル)がほぼ回復したことを明らかにし、向こう2~3週間で完全に回復すると述べた。
以上、ロイター参照

これを受け18日05時現在、WTI原油先物価格は前日比▲4ドル以上値下がりし58ドル台となっている。

ドローン攻撃で大規模火災が発生し、生産施設が大規模に破壊されたと見られたが、火災はタンクのようで、生産施設そのものの損傷はほとんどなかったようだ。
JC-NETでは前回、回復には半年以上かかるとした記事を掲載したが、生産施設の大規模破壊記事を参照したことによるもので、ここに修正。
 

[ 2019年9月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ