アイコン 追報:(株)クレアール(東京)/破産開始決定

 

スポンサード リンク
 
 

既報。ダイヤモンドカット加工・販売の(株)クレアール(東京都台東区上野5-4-1、代表:中垣佳子)は9月25日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、古川和典弁護士(電話03-6212-5500)が選任されている。

負債額は約28億円。

同社は平成5年11月設立のダイヤモンドのカット、研磨済裸石の宝飾品などを百貨店などに販売し、平成30年8月期には約5億円の売上高を計上していた。

しかし、取引の輸入業者に対する多額の買掛金負担が重く、資金繰りが悪化し、今回の事態に至った。

 

 

 

 

[ 2019年10月 8日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ