アイコン 遂に文大統領の支持率32%が出る

 

スポンサード リンク
 

韓国・中央日報紙は9日、文在寅大統領の国政運営に対する支持率が32.4%であることが分かったと報じた。
約半分の49.3%が文大統領は「うまくできないでいる」と回答。
明日新聞と西江大学現代政治研究所が、韓国リサーチに依頼して9月26日から今月2日まで全国の成人1200人を対象に実施した世論調査の結果(標本誤差は95%信頼水準で±2.8%ポイント)で、「よく分からない」という回答は18.3%だった。

なお、当調査は、9月28日には、チョ・グク法務長官擁護派の150万人を集めた集会が行われた時期と重なる。
その後の10月3日のチョ・グク氏糾弾派の光化門300万人集会、10月5日の擁護派の瑞草洞300万人集会は反映されていない。

このような支持率は、最近の調査のうち最も低い数値となっている。
他の調査の場合、4点標準(非常に肯定-肯定-否定-非常に否定)で尋ねているのに対し、今回の調査は2点標準(肯定-否定)としている。
また他の調査とは違い、質問過程で回答項目として「よく分からない」を提示する。この場合、肯定・否定に対する回答が減り、「分からない」とする回答が増えることが知られている。

実際、4日に発表した京郷新聞-韓国リサーチ調査で、文大統領が国政運営を「うまくやっている」とする回答は46.4%だったのに比べて、「うまくできないでいる」という回答は49.4%で、「分からない」は4.2%だった。単純比較は難しいという。

ただし、同じ手法の1月の明日新聞-西江大学現代政治研究所-韓国リサーチの調査では「うまくやっている」という回答が39.1%で、「うまくできずにいる」という回答の39.4%とほぼ同じだった。「よく分からない」は5人に1人(21.6%)の割合だった。

当時と比べて最近、文大統領の国政支持率が下落したと判断できる根拠になる。

特に今回の調査では、
年齢帯別でみたとき、盧武鉉政権時代に学生だった30代だけで肯定評価が48.4%で否定評価の32.1%より高かったが、残りの年齢帯では、すべて否定評価が肯定評価を上回った。

地域別では、湖南だけで肯定評価が53.9%で否定評価の20.9%を圧倒した。
否定・肯定評価の違いは、
伝統の野党圏地域である大邱・慶尚北道で44.5%ポイント差で否定が多く、肯定18.5%、否定63.0%だった。
忠清で30.7%ポイントの差の否定が多く、肯定27.6%、否定58.3%。
ソウルで22%ポイントの差で否定が多く、肯定30.6%、否定52.6%、
釜山・蔚山・慶南で20.5%ポイントの差で否定が多く、肯定29.1%、否定49.6%、
仁川・京畿は13.2%ポイントの差で否定が多く、肯定35.2%、否定48.4%
となっている。

政党支持率は
共に民主党が27.8%(社会主義政党・中間派)、
自由韓国党19.4%(保守)。
正義党8.2%(社会主義政党・左派)
正しい未来党4.8%(保守・中間派)
支持政党なしは36.1%
で無党層の比率が1位政党支持者よりも多くなっている。

韓国リサーチのキム・チュンソク世論調査事業本部長は、今回の調査方法論について「2013年から西江大学現代政治研究所、明日新聞と調査する時にだけこの方式を使う」とし「選好政党を尋ねる時も支持政党の有無を先に尋ねて、支持政党がある人だけにどの党を支持するのかを尋ねた。他の調査との単純比較は難しい」と紹介した。
以上、

<チョ・グク娘の不正入試問題>
韓国の教育市民団体「私教育の心配の要らない世の中」が10月7日発表した「教育を通じた特権の世襲に対する国民認識調査」の結果によると、
「教育を通じた特権の世襲が問題」という指摘に対し、回答者の84.2%が「共感する」と答えている(ハンギョレ)。

<パフォーマンスだけでリーダー欠乏症の保守>
保守政党は朴弾劾事件を経過し、文批判ばかりで政治を牽引するリーダーシップある人物がおらず、チョ・グク問題を取り込めずにいる。それほどオカルト崔順実の魔法にかかった朴政権弾劾の反動が大きいということでもある。
(くだらない野田民主政権の反動により、安倍政権が安泰であることにも共通している。それも耳たぶが大きい枝野が野田まで取り込むという異常さが際立つ。)

<学生の動き>
3日、光化門「チョ・グク」集会とは別の場所で学生連合による糾弾集会が開催され、さらに同時に10大学以上で「糾弾」集会が開かれている。
学生の動きは、不正は不正と糾弾する姿勢に、文在寅大統領誕生の立役者であるろうそく民心が、文信者と一線を臥すろうそく民心の動きであり、今後の動きが注目される。
チョ・グク氏については、時効でもあろうが、ソウル大の教授昇進論文でも日本の学者たちの研究論文を大量引用し、それを引用と記載していない不正論文であってことも判明している。

韓国の正義とは、時の政権の「力」でしかないようだ。
 

[ 2019年10月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ