アイコン (株)ユニサン(鳥取)/特別清算  元食品スーパー

 

スポンサード リンク
 
 

元食品スーパーの(株)ユニサン(鳥取県米子市安倍103-1、代表清算人:木下立己)は9月30日、鳥取地裁米子支部において、特別清算の開始命令を受けた。

負債額は約5億円。

同社は昭和52年2月繊維メーカーのユニチカが設立した食品スーパー、MBO(経営陣買収)により平成13年2月に買収して設立された食品スーパー。MBO時は3店舗運営していた。

ピーク時は8店舗経営し、以前は40億円以上の売上高を計上していた。しかし、競合店の進出などから売上不振が続き、現在は2店舗を経営、平成30年3月期の売上高は12億円台まで落ち、経営不振が続いていた。そうした中、同社を今年4月、スーパー「マルイ」を展開する岡山県の(株)マムハートホールディングスグループに対して事業譲渡、同社は解散を決議していた。

 

[ 2019年10月15日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ