アイコン リスボン・ホールディングス(株)(東京)/特別清算

 

スポンサード リンク
 
 

投資会社のリスボン・ホールディングス(株)(東京都千代田区丸の内1-9-1、代表清算人:李哲芝弁護士)は10月2日、東京地方裁判所において、特別清算の開始決定を受けた。

負債額は約30億円

同社は平成27年10月投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループ(株)の関係会社として設立された投資会社。

業績不振が続き、平成31年2月期に約71億円の赤字を計上し、大幅な債務超過に陥り、実質的に事業を停止し、令和元年8月、解散を決議していた。

ポラリス・キャピタル・グループは、発酵乳のエルビー、富士通コネクテッドテクノロジーズ(富士通携帯電話のアローズ)、日立系のトキコ(流量機器)、楽天系の結婚情報サービスのオーネット、LIXILからハイビック、江戸一(パチンコのダイエーGへ売却)などを買収している。企業強制再生型の投資会社。

 

[ 2019年10月15日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ