アイコン トヨタ 新小型車「ヤリス」発表 最新技術搭載 ヴィッツ後継車

 

スポンサード リンク
 

トヨタは来年2月に発売する新小型車を発表した。交差点で右折する際に対向車や歩行者を検知して自動でブレーキがかかる最新の技術が搭載されている。

発表した新小型車は、主力の「ヴィッツ」の後継車種で、海外で使っている「ヤリス」に名前を変えたもの。(「ヤリス」は米トヨタで独立した開発グループがデザインした車両を開発している)

今回の新型車は、エンジンやプラットフォームなどを新設計にしたうえ、最新の安全技術が搭載している。

交差点で右折する際にカメラやセンサーで対向車や横断歩道を渡る歩行者を検知し、ドライバーに警告音で知らせ、自動でブレーキがかかる機能が搭載されている。

このほか駐車するときに、ハンドルの操作に加えて、アクセルやブレーキの制御を自動で支援する機能のほか、世界で初めてとなる、白線のない駐車場でも事前に位置を登録すれば、カメラで周囲の環境から位置を把握して自動で駐車できる機能が導入されている。

同社は、軽快な走りと上質な乗り心地を実現するとともに、最新の安全技術を搭載し、コンパクトカーのイメージを一新する車を目指したとしている。

国内販売は来年2月を予定。

以上、

名称は米国ではおなじみだろうが、日本では大丈夫だろうか、やりすぎそう。

1016_07.jpg

[ 2019年10月16日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ