アイコン 追報:文化2年創業の遠峰酒造(株)(茨城)/破産手続き開始決定

 

スポンサード リンク
 
 

既報。文化2年創業の元酒造メーカーの遠峰酒造(株)(所在地:茨城県潮来市潮来*** )は10月7日、水戸地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

停止時の負債額は約6億5千万円。

同社は文化2年(1805年)創業の元酒造メーカー、昭和30年に法人化しスーパーマーケット「イタコ大黒天」や飲食店経営、不動産賃貸業など行っていた。

破産管財人には、足立勇人弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和元年11月29日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和2年1月28日午後1時30分。

事件番号は令和元年(フ)第360号となっています。

 

既報記事
追報:遠峰酒造(株)(茨城)/事業停止 破綻

以前は20億円以上の売上高を計上していたが、コンビニやスーパーの進出でその後は売り上げ不振が続き、平成30年9月期には8億円台まで売上高が減少、赤字経営に、借り入れ負担も重く、消費税増税に伴う機器の設備投資に資金繰りの目処がつかず、今回の事態に至った。

 

[ 2019年10月17日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ