アイコン 児童ポルノサイト100万件動画 韓国人運営者を米国が起訴 ダークサイト

 

スポンサード リンク
 

米国と韓国の当局が、世界最大級の児童ポルノウェブサイトの摘発・閉鎖を明らかにした。
米当局は16日、韓国籍のジョン・ウー・ソン被告(23)に対する起訴状を公開した。

米検察によると、被告は通常の検索では容易に見つからないサイバー空間の「ダークネット」でサイト「ウエルカム・トゥー・ビデオ」を運営し、ビットコインで支払いを受け、性的に露骨な児童の動画100万点余りを配信した。
被告は有罪判決を受けた韓国の刑務所で1年6ヶ月服役中。

捜査員らがサイトを閉鎖した2018年3月以降、英国やドイツ、ブラジル、サウジアラビア、アラブ首長国連邦など11ヶ国と米国の20前後の州で、337人のサイト利用者が逮捕された。

英政府によると、世界38ヶ国で利用者の逮捕があったという。

米内国歳入庁(IRS)と国家安全保障省の捜査には、各国の当局が協力。IRSの犯罪捜査担当部署がビットコイン取引から匿名ユーザーの正体を割り出したと、責任者のドン・フォート氏は述べているという。
以上、

1年6ヶ月でシャバに出てくるのだろうか。性犯罪に非常に甘い韓国(日本も同様)。

米国が起訴しており犯人引渡しを要求する可能性がある。韓国政府はどうすんのだろう。

韓国政府は、靖国トイレ放火犯で、再び爆弾原料を持ち日本へ再入国して逮捕され、収監中の韓国人を平気で犯罪人引渡し条約に基づき、引渡しを日本政府に要求していたが、日本政府は断っている。

民主党政権の野田は2012年12月、イトマン潰しと石橋産業事件の主犯で保釈中に逃亡した許永中(韓国籍の在日)を、日本の警察はやっとの思いで捕まえ収監していたが、同条約に基づき韓国政府から引渡しを要求され、愚かにも韓国へ移送した。刑期も終わり再び日本にいる。野田佳彦議員は朝鮮と密接につながっているのだろうか。

[ 2019年10月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ