アイコン 美少女ゲームの(有)ホワイトローズ(千葉)/破産手続き開始決定 「あかね色に染まる坂」など

 

スポンサード リンク
 
 

美少女ゲームソフト開発の(有)ホワイトローズ(所在地:千葉県市川市南八幡***)は9月30日、千葉地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、和田はる子弁護士(電話047-325-7378)が選任されている。

同社は平成15年4月設立のゲーム開発制作会社。「feng」のレーベル名で美少女ゲームの「あかね色に染まる坂」、「星空へ架かる橋」などは人気化し、テレビでアニメ化され放映されたりもしていた。

同社は後に代表となる上様(うえさま)を中心に結成された同人サークル「みぎやじるし」が前身。上様が大学受験の浪人中で同人ソフト2作目を製作中に業界関係者から声がかかり、平成15年に法人化していた。

2作目は『White Princess 〜一途にイっても浮気してもOKなご都合主義学園恋愛アドベンチャー!!〜』、しかし、製作中に製作への考えの違いからスタッフが大量離脱し、内部スタッフが2人となり、パートナーブランドからも脱退し、空中分解の危機を迎える。

ただ、外注を中心にした小規模開発体制で危機を乗り切り、『White Princess』は1万本以上の売上を記録し、PS2にも移植された。

4作目『青空の見える丘』、5作目『あかね色に染まる坂』も相次いでヒットとなる。

また、アダルトゲーム作品以外でも、2015年1月から放送している、『アブソリュート・デュオ』の製作にも携わっている。

しかしながら、需要の低迷などにより売上高は低調に推移、業況の改善も見込めないことから今年5月末で事業を停止していた。

 

[ 2019年10月18日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ