アイコン 大村の女性教諭 酒気帯び運転で逮捕 真夜中 灯り付けず走行 職務質問で発覚

 

スポンサード リンク
 

長崎県警の大村署は24日、同県大村市立竹松小の女性教諭(53)(同市)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。

教諭は容疑を認めているという。

発表では、教諭は同日午前0時45分頃、同市森園町の県道で、酒気を帯びて軽乗用車を運転した疑いがもたれている。

尾灯が消えた状態で走行している車を見つけたパトカーの同署員が職務質問して発覚した。

大村市教委によると、教諭は同小で4年の学年主任をしているという。

以上、

今時、異常。

[ 2019年10月24日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ