アイコン 戸田建設 中間決算 増収大増益 通期はいずれ修正か 有価証券169億円稼ぐ

 

スポンサード リンク
 

同社は当期における建設業界について、工事受注が民間工事、官公庁工事ともに前期と比較し減少している。また、労務は依然逼迫状態にあるなど建設コストの上昇などの懸念も残っている。

このような状況下、当第2四半期連結累計期間における同社グループの業績は、連結売上高は、主に当社個別及び国内グループ会社の売上高の増加により、全体としては前年同四半期比15.9%増の2,353億円となった。
営業損益については、主に国内建築事業において好採算の大型工事が進捗したことによるもの。
 
経常損益には、保有する投資有価証券の受取配当金などにより、169億円(前年同四半期比42.6%増)となったとしている。同社は投資有価証券を1,733億円も保有している。
 
当期の単体の受注高は前年同期比▲32.6%減の183,889百万円
単体の受注残は、
国内建築が同比▲10.5%減の454,351百万円、
国内土木が9.3%増の250822百万円、
海外が▲32.4%減の6,534百万円
の計▲4.7%減の711,711百万円となっている。

 

戸田建設 単体 第2四半期(中間決算)
連結/百万円
売上高
粗利益
 
百万円
前期比
百万円
前期比
同率
国内建築
159,857
0.0%
21,101
0.0%
13.2%
国内土木
48,999
0.2%
6,092
-0.1%
12.4%
海外
2,672
2.8%
371
23.8%
13.9%
投資開発
2,832
1.2%
977
-2.2%
34.5%
調整
 
 
-975
-
 
合計
214,361
0.1%
27,566
0.2%
12.9%

 

戸田建設 第2四半期(中間決算)
連結/百万円
売上高
営業利益
←率
経常利益
株主利益
19/3期Q2
203,046
10,304
5.1%
11,862
8,262
20/3期Q2
235,365
15,544
6.6%
16,911
12,286
20Q2/19Q2比
15.9%
50.9%
 
42.6%
48.7%
20/3期予想
520,000
30,700
5.9%
32,800
22,800
20予/19期比
1.9%
-11.1%
 
-12.5%
-14.3%
19/3
510,436
34,518
6.8%
37,493
26,595
18/3
429,026
30,463
7.1%
33,037
25,455
17/3
422,722
24,998
5.9%
27,197
42,091

 

[ 2019年11月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ