アイコン 追報:(株)リブアンドラブ(埼玉)/破産手続き開始決定

 

スポンサード リンク
 

既報。補聴器など医療機器販売の(株)リブアンドラブ(埼玉県蕨市中央6-12-17、代表:大友照夫)は10月21日、さいたま地裁において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、渡部晶子弁護士(電話048-762-9250)が選任されている。

負債額は約2億5千万円。

同社は平成2年12月設立の補聴器等の医療用機器卸販売会社。医療機器販売会社や健康通販会社などを対象に営業展開していた。しかし、海外の安価な製品の台頭で売上高は減少、同社は新製品を開発していたものの、開発費用が資金の固定化を招き、資金繰りにも窮するようになっていた。

[ 2019年11月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ