アイコン 銀行の次は大学 経営統合 北海道3大学帯広に本部設置へ

 

スポンサード リンク
 

全国に乱造された大学、少子化が進みそれも久しい中、2022年4月の運営法人統合を目指す小樽商科大学(小樽市)、帯広畜産大学(帯広市)、北見工業大学(北見市)は7日までに、統合後の新法人の本部を帯広市内に置く方針を固めた。

3大学の学長らが15日、同市内で協議して内定する。

外部招聘する理事長の人選も本格化しており、3年後の再スタートへ準備を加速させる。

3大学は2018年5月に法人統合で合意し、当初から帯広市内を軸に本部の立地を検討してきた。

以上、

公立病院もさらに見直しが進められている。

しかし、先般リストアップされた某医師会病院の近隣に、最近、私立の大きな病院が新築開設された。公立病院は生き残りをかけて努力しようにも、人口が限られる地で努力できるものではない。

対象となった公立病院を進出してきた私立病院に売却させた方が、よほど賢明な選択ではなかったろうか。常に愚かな厚労省が開設を許可したはずだ。

当該の医師会病院は閉鎖どころか潰れるしかない。

1108_09.jpg
https://www.otaru-uc.ac.jp/

[ 2019年11月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ