アイコン マルタイ・ラーメン中間決算 減収減益

 

スポンサード リンク
 

同社は中間期について、個人消費は依然として力強さを欠き、景気回復を実感するには至っていない状況となっている。

食品業界は、人件費や物流費の高騰などにより、引き続き厳しい経営環境にある。
同社では主力製品である棒ラーメンや皿うどんの販売に注力しているが、6月の製品値上げの影響で売上が伸び悩んでいるとしている。
以上、
 
下半期の挽回が期待されるのだろう。
 
ただ、営業利益率が低すぎる。同業他社も多く、競争で利益を取れないのだろう。ビッグヒット商品の開発が望まれようが、大手のようにCMでヒットさせることはできず、口コミに頼らざるをえなく、なかなか難しい世界だ。だが、ポテトチップスの例もある。

 

西鉄 第2四半期(中間決算)
連結/百万円
売上高
営業利益
←率
経常利益
株主利益
19/3期Q2
4,006
204
5.1%
217
180
20/3期Q2
3,949
166
4.2%
182
122
20Q2/19Q2比
-1.4%
-18.6%
 
-16.1%
-32.2%
20/3期予想
8,400
520
6.2%
540
350
20予/19期比
1.8%
15.0%
 
13.7%
4.2%
19/3
8,251
452
5.5%
475
336
18/3
8,178
436
5.3%
458
369
17/3
7,973
374
4.7%
412
408

 

[ 2019年11月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ