アイコン 北海道 サンマ漁 記録的な不漁続く

 

スポンサード リンク
 
 

今年の道内のサンマ漁は、先月末までの水揚げ量が過去最低だったおととしの半分に満たない水準で、記録的な不漁となっていることがわかった。

漁業情報サービスセンターのまとめによれば、先月末までの道内のサンマの水揚げ量は最も多い根室市の花咲港が1万2015トン、厚岸港が2273トンなど、合わせて1万5007トン。

これは過去最低だったおととしの同じ時期の半分に満たない水準で、記録が残る昭和48年以降で最も少ない。

以上報道より参照

先月下旬以降、ようやく水揚げが持ち直す傾向となっており、花咲港では例年の最盛期に近い量が水揚げされる日もあるという。

 


道内のサンマ漁 記録的不漁続く

終盤を迎えていることしの道内のサンマ漁は、先月末までの水揚げ量が過去最低だったおととしの半分に満たない水準で、記録的な不漁となっています。
 

[ 2019年11月11日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ