アイコン (有)鈴木魚店(山形)/自己破産へ

 

スポンサード リンク
 

(有)鈴木魚店(所在地:山形県上山市矢来***)は11月6日事業停止、事後処理を手塚孝樹弁護士(電話023-625-0315)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約2億5千万円。

同社は昭和10年創業の老舗の鮮魚・海産物の卸売業者。かみのやま温泉で飲食店「味どころまるげん」も併営していた。蔵王温泉やかみのやま温泉のホテルや旅館などを得意先に以前は5億円以上の売上高を計上していた。しかし、その後はデフレ・消費不況で旅行者が減り続け、同業者間の競争も激しくなり、平成31年4月期には1億円台まで売上高が減少、採算性も悪化、事業継続を断念した。

 

[ 2019年11月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ