アイコン 自動車も自動車部品業界も再編急

 

スポンサード リンク
 

自動車部品業界は、自動車のCASE(ケース/繫がるコネクテッドカー・完全自動運転車・カーシェアリング・EV化)の次世代技術への取り組みが広がり、再編により、業界が一変しようとしている。

自動車業界も大手の同盟に入らなければ、CASEには、巨額投資が必要となり、乗り遅れれば整理淘汰される可能性もある。
 
日本の大手自動車部品企業であるカルソニックカンセイの親会社である米投資ファンドのCKホールディングスは欧米自動車メーカーであるフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の自動車部品部門マニエッティ・マレリを買収した。
 
日立製作所は、子会社のカーナビゲーションの大手クラリオン(元日産系)を仏部品大手のフォルシアに売却する。
日立製作所は大再編成しており、自動車部品・部材でも自動車の周辺事業であるナビやカー音響のクラリオンや車両電池の日立マクセルなどを切り捨てている。
 
そうした中、ホンダ系の部品会社3社は日立系の日立オートモーディブシステムズとともに新会社に糾合することになった。
新会社は日立製作所が66.6%、ホンダが33.4%出資し、ホンダや日産などに部品を供給する。(ホンダ系3社の事業で、今後、新会社では各社の中核事業以外日立Sにより切り捨てられる可能性がある。今の日立製作所の経営陣は傘下企業を意図も簡単に躊躇なく問答無用に切り捨てる)
 
新会社は、売上高ではトヨタ系のデンソー、アイシン精機に次ぎ、カー部品・部材だけでは第3位の売上高の1.7兆円規模になる。
 
1115_01.jpg
 
解体された日産の協力工場
ゴーン体制により日産のサプライチェーンはケイレツ・出資なしになり、系列企業はホンダへの納品を増加させてきた。
元々日立も日産も旧日産財閥(=鮎川財閥)系、そうしたことで関係が深かったがゴーンにより変わってしまった。
日立は車両部門の柱を日産とホンダ+αに設定し、今回のホンダ系3社と日立オートモティブを、日立製作所が66.6%出資する新会社へ統合させる。
 
日産は、ゴーンが1999年に策定した再生計画「リバイバルプラン」以降、従来の資本関係をベースにした系列部品メーカーとの関係を見直し、“ケイレツ”を解体した。
2017年にはケイレツ代表格で約40%の株を保有していたカルソニックカンセイ(19/3期売上高:8,921億円)もゴーンにより米ファンドKKR系CKホールディングスに叩き売られた
 
日産系統では、
自動車のサスペンション(緩衝装置)用部品大手のヨロズ(ハゲタカの村上ファンド侵食)、
河西工業(2,272億円、自動車内装材/筆頭株主:長瀬産業)
アルファ(603億円、キーシステム、筆頭株主:ハイレックス)
ユニプレス(3,277億円、筆頭株主:日本製鉄)、
パイオラックス(682億円、工業用ファスナー&バネ 筆頭株主:佐賀鉄工所)
ファルテック(907億円、自動車外装品、筆頭株主:TPR(元帝国ビストンリング)55.5%
 
やっちゃえ日産で、ゴーン逮捕やルノーに吸収統合されないことにより、白人社会の欧米紙による日産へのパッシングが続き、日産は販売不振に陥っている。
最近は減少率に歯止めがかかってきたが、今期の販売不振は大きい。米販売主力車のローグ(=キャシュカイ、エクストレイル)のモデルチェンジも遅れている。
 
今や、自動車部品企業は、自動車市場やサプライチェーンがグローバル化し、台風の目にはならない。
 
1115_02.jpg
参考
自動車部品会社(2018年決算)
日本企業の市場規模:35兆7,212億円(10位/126業界)
伸率:+3.4%(57位/126業界)
収益性:+4.2%

 

自動車部品業界 2018/3月期
 
企業名
売上高/億円
1
デンソー
51,082
2
アイシン精機
39,089
3
パナソニック
26,598
4
豊田自動織機
20,039
5
住友電気工業
16,310
6
ジェイテクト
14,411
7
トヨタ紡織
13,995
8
日本精工
10,203
9
日立製作所
10,010
10
小糸製作所
8,488
11
豊田合成
8,069
12
NTN
7,443
13
NOK
7,293
14
日本発条
6,597
15
日産車体
5,586
16
東海理化電機製作所
4,819
17
テイ・エステック
4,794
18
スタンレー電気
4,421
19
フタバ産業
4,404
20
KYB
3,923
21
ミツバ
3,871
22
ケーヒン
3,514
23
日本特殊陶業
3,481
24
ユニプレス
3,308
25
タチエス
2,954
26
ショーワ
2,919
27
サンデンHD
2,876
28
エクセディ
2,833
29
アルプス電気
2,676
30
曙ブレーキ工業
2,649
31
日本精機
2,631
32
ハイレックスコーポレーション
2,572
33
武蔵精密工業
2,379
34
トピー工業
2,304
35
エフテック
2,260
36
河西工業
2,240
37
ジーテクト
2,198
38
椿本チエイン
2,157
39
愛三工業
2,125
40
プレス工業
2,121
41
エイチワン
2,010
42
日信工業
1,882
43
ユタカ技研
1,811
44
エフ・シー・シー
1,731
45
ダイキョーニシカワ
1,719
46
ヨロズ
1,715
47
ユーシン
1,686
48
八千代工業
1,655
49
IJTテクノロジーHD
1,606
50
三桜工業
1,387
・パナ社等は自動車関連売上高による

 

自動車メガサプライヤー
1
独・ボッシュ
2
日・デンソー
3
カナダ・マグナ
4
独・ZF
5
独・コンチネンタル
6
日・アイシン精機
7
韓・現代モービス
8
仏・フォルシア
9
米・リア
10
中・華城汽車系統
11
仏・ヴァレオ
・2兆円以上の売上高

 

[ 2019年11月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ