アイコン 今週のアクセスが多かった倒産・ニュース<11月10日~>

 

スポンサード リンク
 
 

今週のアクセスが多かった倒産・ニュースを紹介。

今週、もっとも注目された記事は、(株)千明社の倒産記事。

 

一般ニュースでもっとも注目されたのは「桜を見る会」や「大嘗祭」への野党の批判

閣僚が辞任してもまったく存在感のない野党が一矢報うためかと思うが

「桜を見る会」はマスコミと野党のコラボでホテルでの前夜祭の会費などを持ち出し批判、大嘗祭」は天皇制廃止を訴えている共産党がその数十億の費用を批判している。

ホテル会費の方は、読売テレビの辛坊氏が「政治家のパーティはあんなもん」だとして野党側を批判、私も何度か高級ホテルで政治家のパーティに出席したことがあるが、だいたい立食で人数分はどうみても確実にない。もともと食事が主ではないとはいえかなりショボイメニューで、5000円でも高いと思ったことがある。主観だがおそらく一人当たり1500円でも元を取ったのではと思うメニューだった。あとはプラス会場費用くらいだが、そこは普通なら主催者側がだすだろう。

それは野党も知っているはずなのになぜこんなことで攻撃しだしたのか甚だ疑問である。

 

大嘗祭」は20億以上かかるのは確かに巨額だと思うが、天皇制廃止の共産党がいうと全然響かない。

 

 

 

 

 

要約版 (株)千明社(東京)/民事再生申請

既報。商業印刷の(株)千明社(東京都千代田区九段北4-3-8、代表:根本三郎)は11月13日、申請処理を松田耕治弁護士(電話03-6212-5715)に一任して、東京地方裁判所へ民事再生法の適用申請を行い、保全・監督命令を受けた。監督員には、野田聖子弁護士(電話03-3273-1800)が選任されている。

 

韓国 液体フッ化水素の許可1件もなし 

生産には支障はなしと 韓国の(噓吐きの)成允模産業通商資源部長官は11月13日、日本が7月上旬に半導体・ディスプレー材料3品目の韓国への輸出規制強化に踏み切って以降、主に半導体の製造工程で使われる液体フッ化水素の輸出許可は1件も出ていないものの、代替材の確保などにより国内企業の生産により支障が出る事態にはなっていないと説明した。

 

カー用品卸の(株)ナポレックス(東京)/自己破産へ

自動車用収納等カー用品卸の(株)ナポレックス(所在地:東京都葛飾区小菅***)は事業停止、11月5日に事後処理を堤世浩弁護士(電話03-5357-1305)ほかに一任して自己破産申請の準備に入った。

負債額は約11億円。

 

明治40年創業 (株)山陽農園(岡山)/自己破産へ

(株)山陽農園(所在地:岡山県赤磐市五日市***)は10月31日、同日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。

負債総額は約1.8億円。

(株)ユーキ・プランニング、ユーキ不動産販売(株)(札幌)/破産手続き開始決定

(株)ユーキ・プランニング(所在地:北海道札幌市中央区北9条西***)と関連会社のユーキ不動産販売(株)(同所、同代表)は、11月8日、札幌地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は2社合計で約4億円。

 

(株)創建(埼玉)/破産手続き開始決定

(株)創建(所在地:埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲*** )は10月24日、さいたま地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

破産管財人には、大洋一司弁護士が選任されているとのこと。

[ 2019年11月17日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ