アイコン 南島原市の市議を起訴

 

スポンサード リンク
 

長崎地検は、一昨年、太陽光発電事業を巡って、事業を計画していた会社に事業を進める見返りに金を要求をしたなどとして、南島原市の市議会議員下田利春被告(69)を20日、収賄と恐喝未遂の罪で起訴した。

起訴状などによると、下田議員は一昨年5月、南島原市で太陽光発電事業を計画していた東京の電力販売会社に対して、事業を進める見返りに議員自らの土地に防災用の調整池を作り、賃料として6千万円を先払いするよう求めたなどとして、収賄の罪に問われている。また、要求に応じなければ「事業計画を潰す」などと脅したとして、恐喝未遂の罪にも問われている。

検察は11月20日、下田議員を起訴した。

検察は、下田議員が容疑を認めているかどうか明らかにしていない。

長崎県警は当該の東京の電力販売会社から刑事告訴を受け、捜査した結果、2019年10月30日に逮捕、検察に送致していた。

以上、

小島電機工業株式会社/東京都北区田端新町2-8-11

 

南島原市議会議事録/平成30年9月定例会(第3回)9月25日

https://chiholog.net/chiholog/gijilog/

 

[ 2019年11月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産