アイコン (有)エム・アイ・エヌ・トレーディング(北九州)/自己破産へ

 

スポンサード リンク
 
 

衣料品販売および卸の(有)エム・アイ・エヌ・トレーディング(所在地:福岡県北九州市小倉南区津田新町***)は11月9日事業停止、事後処理を山上知裕弁護士(電話093-581-2022)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約3億5千万円。

同社は平成3年創業の衣料品小売、卸業者。自社ブランドや韓国ブランドの輸入卸販売を手がけ、福岡市の天神ビブレなどに店舗を展開させ、以前は7億円以上の売上高を計上していた。

しかし、その後は消費不況で同業者間の競争激化もあり売れなくなり、不採算となっていた店舗の閉鎖や卸部門を縮小し、再建を図っていた。しかし、店舗閉鎖に伴う特別損などから財務内容を悪化させ、金融機関からの支援も受けられず、資金繰りにも窮し今回の事態にいたった。

 

 

[ 2019年11月21日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産