アイコン 大型トラックに大型トレーラーがあおり運転 逮捕 長崎自動車道

 

スポンサード リンク
 

佐賀県警高速隊は25日、片側2車線の長崎自動車道で前方の大型トラックに「煽り運転」をしたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)などの疑いで、大型トレーラーを運転していた北九州市門司区の運送会社社員(52)を逮捕した。

逮捕容疑は9月12日午後7時ごろ、佐賀県内の長崎自動車道上り線小城パーキングエリア-佐賀大和インターチェンジ間で、長崎県諫早市の50代男性が運転する大型トラックの後方から車間距離を詰め、急な車線変更や幅寄せし衝突させた。
トラックは路肩のガードケーブルに衝突、男性に頸椎の捻挫などのケガをさせた疑いがもたれている。
「煽ったことは間違いないが、ぶつけるつもりはなかった」と容疑を一部否認しているという。
被害車両に設置されていたドライブレコーダーの映像などから容疑者を特定した。
以上、報道参照
さっさと追い抜いてしまえば苛立つこともなかったろうに。それにしても大型同士の一方的なバドル、同時通行中の車両は怖かったことだろう。

高速道で煽られることはよくあるが、今のトラックはヒュヒュ言わせながら120キロくらい平気で走る。後ろに付けられたら、即譲ることが肝心、心にゆとりが出て運転できる。

九州では追い越し車線をいくら走っても捕まらず、ついつい追い越し車線をいつまでも走る癖がついている。ただ、走行車線は田舎の爺さんたち最悪60キロくらいで走行する車もたまにあり、車線変更するにも注意が必要だ。

 

[ 2019年11月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産