アイコン 韓国の11月の輸出▲14.3%減 2桁減6ヶ月続く 来年5月まで不振続くか

 

スポンサード リンク
 

韓国の産業通商資源部が12月1日に発表した11月の輸出額(通関ベース)は、441億ドル(約4兆8300億円)で、前年同月比14.3%減少した。主力の半導体や石油化学分野の不振が続いた上、操業日数減少などの要因が複合的に作用したことが響いた。

輸出は、昨年12月以降、12ヶ月連続のマイナスで、今年6月から6ヶ月連続して2桁の減少率が続いている。
これで今年の輸出は2016年の▲5.9%減以来となる前年比マイナスになる見通しで、「2年連続6,000億ドル達成」の目標も事実上、遠のいた。
 
減少を品目別にみると、
半導体は▲30.8%減、
ディスプレーは▲23.4%減、
2次電池は▲17.7%減、
(主力はIT向け/順次EV向けが増加するが、欧米中に工場を有しており、韓国から輸出する分は限られる。)
繊維は▲12.3%減、
石油化学は▲19.0%減)
石油製品は▲11.9%減、
船舶は▲62.1%減(変動が大きい)
自動車は▲1.4%減少、(但しEVは87.8%の大幅増となったが数量は限られている。)
などが振るわなかった。
一方、増加したのは、
コンピューターが23.5%増
化粧品が9.9%増
バイオ・ヘルスが5.8%増
などは増加した。
 
輸出先別では
中国向けが▲12.2%減、
欧州連合(EU)向けが▲21.9%減、
中南米向けが▲15.9%減、
米国向けが▲8.3%減
日本向けが▲10.9%減
となったが、日本政府の輸出規制強化に伴う影響は限定的。
 
輸入は、
11月の輸入額は▲13.0%減の407億3000万ドル。5月以来、7ヶ月連続で減少が続いている。
輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は、33億7000万ドルの黒字で、94ヶ月連続の黒字となっている。
 
輸出不振はいつまで続く、
今年6月~11月までの6ヶ月間の平均輸出額は450億18百万ドル、1月と2月は春節※との関係もあるが、最近の輸出額からして、来年5月までは不振が続くと見られる。但し、米中貿易戦争が急速に和解し、制裁解除された場合はその限りではない。
 
※春節休暇は、中国は、19年は2月4日~10日までだったが、20年は1月24日から1月30日まで。
韓国の春節=旧正月休暇は、19年は2月2日~6日までだったが、20年は1月24日~1月27日まで。
 
韓国の輸出入 前年比 /百万ドル
 
輸出 
輸入
 
輸出額
前年比
前年比
18/11月
51,700
4.1
11.5
12月
48,206
-1.3
1.2
19/1月
49,380
-5.9
-1.7
2月
40,130
-11.4
-12.6
3月
47,990
-8.2
-6.7
4月
48,300
-2.0
2.6
5月
48,030
-9.5
-1.8
6月
44,180
-13.7
-10.9
7月
46,136
-11.0
-2.6
8月
44,200
-13.8
-1.2
9月
44,710
-11.7
-5.6
10月
46,780
-14.7
-14.6
11月
44,100
-14.3
-13.0
 
韓国輸出月別推移/百万ドル
 
2018年
前年比
2019年
前年比
1月
49,210
22.2%
46,175
-5.4
2月
44,880
4.0%
39,451
-1.2
3月
51,580
6.1%
47,046
-8.2
4月
50,060
-1.5%
48,829
-6.2
5月
50,980
13.5%
45,907
-9.4
6月
51,230
0.0%
44,180
-13.5
7月
51,880
6.2%
46,136
-11.3
8月
53,270
13.7%
44,200
-13.6
9月
50,580
-8.2%
44,710
-11.7
10月
54,970
22.7%
46,780
-14.7
11月
51,720
5.0%
44,100
-14.3
12月
48,206
-1.3%
11月まで 
 
605,169
5.5%
497,514
-11.2%
・2018年の合計数値は産業省と韓銀発表値の違い
 
1201_01.jpg

[ 2019年12月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産