アイコン 日本の7~9月 法人売上高▲2.6%減と3年ぶり減 米中貿易戦争の影響大

 

スポンサード リンク
 

財務省が2日発表した「法人企業統計調査」(3ヶ月ごとに行う、資本金1000万円以上の約3万社を対象にした調査)によると、今年7月~9月までの金融と保険業を除く企業の売上高は349兆4974億円で、前年同期間比を▲2.6%下回った。売上高が前年を下回るのは2016年7月から9月期以来3年ぶり。

製造業、非製造業ともに減少し、特に情報通信機械が中国の景気減速でスマートフォン向けの電子部品の販売が減少し、▲18.9%と大幅な減少となったほか、金属製品も米中の貿易摩擦の影響で▲15.4%となった。

また、企業の経常利益は17兆3232億円で、同比を▲5.3%下回り2四半期連続で減少した。

小売を含む非製造業は、消費税率引き上げを前に家電製品の駆込需要の発生から+0.5%だった一方、製造業は、自動車関連で研究開発費の負担が増えたことなどで、▲15.1%となった。

一方、企業の設備投資は、同比で7.1%上回り、12四半期連続で増加した。

 

[ 2019年12月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産