アイコン 集団ヒステリーの現場 11月 長崎対馬 韓国旅行者9割減

 

スポンサード リンク
 

日韓関係が悪化し、韓国ではボイコットジャパン・NOジャパンが続き、対馬が大打撃を受けている。
釜山と長崎県対馬を結ぶ旅客船は1日6隻ほどあったが、12月中旬からは日本の会社が運航する旅客船のみを残して休航するという。

釜山海洋水産庁によると、釜山と対馬、福岡、下関、大阪を結ぶ四つの航路の11月の乗客数は3万1375人で、前年同月の34万3497人から▲90.9%減少した。
 日本の輸出規制を受け、集団ヒステリーなより不買運動が始まった7月に▲35.0%、8月は▲68.8%減、9月は▲80%を超えた。
 なかでも韓国人客が大多数を占める対馬は、11月に釜山―対馬航路の乗客は9890人で、前年同月の21万2152人から▲95.3%減少した。
大阪航路は▲63.8%減、下関航路は▲69.1%減、福岡航路は▲63.0%減となった。
8月以降、旅客船の減便や運休を決定した船会社は12月にはさらに増えた。

対馬航路は11月まで未来高速の旅客船「ニナ」と大亜高速海運の旅客船「オーシャンフラワー」が隔日交代で運航していたが、ニナは12月の運休が決まり、オーシャンフラワーも12月9日から25日まで運休する。

大亜高速海運は「船舶検査のため25日まで運休する」と発表したが、業界では乗客減が大きな影響を及ぼしたと分析している。

これにより、7月以前には1日6隻以上あった釜山―対馬航路で運航するのはJR九州高速船の「ビートル」のみとなる。
一方で、釜山と日本を結ぶ航空路線の旅客数は回復傾向を示していることが分かった。
韓国空港公社釜山本部によると、今年11月の釜山―日本線の乗客は12万4798人で、前年同月の29万3382人の▲57.5%減だった。

7月は▲5.9%減、8月は▲32.9%減、9月は▲47.3%減、10月は▲62.0%減と減少幅が拡大していたが、やや持ち直したがまだ動向は不明。。
関係者は、旅客船は、団体観光客が多く、航空機に比べてNOジャパンがさらに大きな打撃を受けたと分析されるという。
以上、韓国紙参照

日本の輸出規制では輸出禁止ではまったくなく、韓国の戦略物資の不正輸出が急増しているための措置、個々の輸出品に、アジア諸国への輸出と同様に審査し、審査期間を設けるというもの、文政権の政治主導で大騒ぎしたものの、韓国の製造業の生産活動にはなんら影響はでていない。

対馬には200あまりの韓国人経営の飲食店や宿泊施設があり、そのまま大打撃を受けている。
民族主義もここまでくれば、戦後独立してもまったく民主主義が育たなかったアフリカのフツ族と同じようだ。訪日でもすれば周囲やネットで非国民扱いされ誹謗中傷されたら、誰も訪日観光しないのは当然ことだろう。

悲しい民族。それを喜び楽しむ仕事もない暇人のネット民たちという図式、愉快犯に近いのだろうか。
 

[ 2019年12月 4日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産