アイコン 追報:農機具販売のアグリジェック(株)(徳島)/自己破産へ

 

スポンサード リンク
 

既報。大正年間創業の旧徳島三菱農機販売のアグリジェック(株)(徳島市八万町川南51-2、代表:豊田茂夫)は12月2日事業停止、事後処理を大道晋弁護士(電話088-654-5630)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約8億円。

同社は大正9年6月創業の農器具・農業用資材の販売会社。トラクターやコンバインからビニールハウス資材まで幅広く扱い、以前は11億円以上の売上高を計上していた。しかし、農業政策の大幅な改悪が続き、若者は土地を離れ後継者不足から農業従事者の高齢化が進み、トラクターなどの需要が減り続けていた。平成30年12月期には7億円台まで売上高が減少して経営不振に陥り、ネット販売に傾注したものの、業績改善にはつながらず、資金繰りにも窮し今回の事態に至った。

 

 

 

[ 2019年12月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産