アイコン 上場TIS子会社インテック社員 金沢市立病院の患者情報 違法持ち出し

 

スポンサード リンク
 

金沢市の金沢市立病院で、患者や医師など1600人以上の個人情報が電子カルテの運用を委託していた「インテック」の50代の男性社員によって不正に持ち出され、今のところ情報の悪用は確認されていないという。

上場企業のTIS(東京)子会社のインテックは、富山市に本社がある情報サービス会社。

この社員は患者1528人分と医師など病院職員144人分の氏名や住所、生年月日、性別などを印刷した紙を不正に自宅に持ち帰っていたという。

病院によると、社員は2008年9月から一昨年4月まで病院に常駐し個室で一人で仕事をしていたということで、会社の聞き取りに対し、「裏紙をメモ用紙として利用するために持ち出した」と話しているという。

この社員をめぐってはインテックの社内調査で一昨年以降、富山県の高岡市民病院と砺波総合病院でも勤務し患者情報を持ち出していたことが明らかになっている。いずれの病院でも今のところ情報の悪用は確認されていないという。

金沢市立病院は、患者情報が持ち出された事態を病院として厳粛に受け止めている。今後、個々の患者にお詫びするとともに監視カメラを設置するなど再発防止に努めたいとしている。

以上、

 

教育しない日本の会社の質はこんなもんだろう。


 

[ 2019年12月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産