アイコン 追報:(株)ピアス、(有)ソーイングピアス(岐阜)/破産手続き開始決定

 

スポンサード リンク
 
 

既報。婦人服卸の(株)ピアス(所在地:岐阜市西荘*** )と(有)ソーイングピアス(同所、同代表 )は12月11日、岐阜地裁において破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人は御子柴慎弁護士が選任されている。

負債額は(株)ピアスが約6億円、(有)ソーイングピアスが約2億円

(株)ピアスは昭和53年3月設立の婦人服卸業者。日常服の婦人服のOEM製品や独自ブランド品を取り扱っていた。製品は自社企画品やOEM受注先の企画品を中国などの外注先に製造委託し、衣料品店や大手量販店などを販路に以前は18億円以上の売上高を計上していた。

しかし、その後は中国などの生産原価が労賃増で上昇、円安による輸入コスト高も加わり、採算性を大幅に悪化させていた。売上高は今年1月期も16億円台をキープしていたものの、採算性の悪化は続き、財務内容の悪化に先行きの見通しも立たず、事業を断念した。

(有)ソーイングピアスは、(株)ピアスの輸入窓口を担当し、ピアスの今回の事態に連鎖した。

破産債権の届出期間は令和2年1月22日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和2年3月10日午前11時。

事件番号は令和元年(フ)第358号・第359号となっている。

 

既報記事

(株)ピアス、(有)ソーイングピアス(岐阜)/自己破産へ 負債額8億円

 

 



 

[ 2019年12月19日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産